脱毛器の使い方から効果や値段まで詳しく解説

人気脱毛器の種類であなたのお肌が決まる

脱毛器の種類は大きく分けると三つの種類に分けることができます。

レーザー方式とフラッシュ方式、そして、サーミコン方式の三つがあるのです。それ以外にもありますが主にこれらの脱毛方法が主流です。

脱毛器の種類によってですが、脱毛と名前がついていても名前だけで、本当に脱毛できるのかどうか怪しい物もあるので、きちんとどのような種類があり、どのような効果があるのか、その点は理解しておいたほうがいいでしょう。

そしてそれぞれの種類の特徴を理解することで自分の脱毛の目的にあう機械を選ぶことにつながります。

家庭用レーザー脱毛器を正しく使うために

家庭用の脱毛器は使いやすさを重視したほうがいい

三種類の方式の中では最も古い種類といってもいいでしょう。医療機関で実際に使用されていたのがこちらのレーザー方式です。

家庭用においては安全性を確保するために医療機関で使用されていた出力よりはかなり下げた設定で使うような機械が販売されています。レーザーを使った脱毛は、黒い色の色素のだけに反応しますので、毛に反応して熱を加えて脱毛をすることになるのです。

毛は熱を与えられるとその周辺の司令塔でもある毛乳頭にも熱を伝えますので、そこから毛細細胞が壊れて生えてこなくなるという仕組みです。

施術は何度儲けることによって少しずつムダ毛が減っていくし、生えてくるまでに時間がかかるようになるという仕組みです。

三種類の方法の中では一番確実な脱毛効果が期待できるという特徴がありますが、一番痛みを感じやすい方法でもあります。
また家庭用においては照射できる範囲もそれほど広くはありませんので、面積が広い部分の脱毛をしようと思うとかなり時間がかかることが何点です。

広い範囲の脱毛にはあまり向かないですが、ポイントで脱毛をしたい場合には部分的にはすぐに脱毛を実現させることができます。

フラッシュ脱毛器効果の威力

フラッシュ脱毛の仕組みや効果はばつぐん

この方法は家庭での脱毛では一番おすすめといってもいいかもしれません。今、エステサロンなどでも行われている方法としても知られています。黒い色素に反応をする特殊な光を肌に当てることによって、毛乳頭にダメージを与えて破壊していきます。

その流れだけを見ていると、レーザー脱毛と違いはないのですが、フラッシュ方式が使っている光はインテンスパルスライトというレーザーとは別の光を使っています。

フラッシュ方式でも施術を何度も行うことによってムダ毛はだんだん細くなり、そして生えにくくなるのですが、効果が期待できるようになるまでの回数というのは、レーザー脱毛の方がスピーディーです。

ですが、インテンスパルスライトは、距離が離れれば離れるほどに広がるという特徴がありますから、肌の表面の温度を上げずに、毛根部分のみを集中的にダメージを与えることができます。

レーザーに比べると痛みはそれほど感じず、確実に脱毛をすることができる特徴があります。
照射範囲面積も広いという特徴がありますので、少ないショット数でも広い面接における脱毛もできるので、全身脱毛をしたいと思っている人に向いていると言えるでしょう。

サーミコン式脱毛器の評判はどうですか?

サーミコン式脱毛器の値段を知り適したムダ毛処理をしよう

サーミコン方式、これは熱線であるサーミコンを使って生み出されている熱エネルギーを使用した脱毛です。その熱のエネルギーはむだ毛に伝わり、むだ毛の接触部分を切ることになりますので、それによって処理が確実に行われます。ですが、脱毛と呼べるかどうかです。

この場合は除毛と言ったほうが言葉としては適切なのかもしれません。

脱毛としてはそれほど性能は高くはないのですがカミソリのような感覚で家庭でムダ毛の処理をしようと思っている人にとっては効果は十分あると言えるでしょう。

サーミコンのメリットとしては、単純な仕組みの機器なので、どちらかといえば値段が安いこと、大きさは手軽に使えるサイズで、操作もそれほど難しくないことも特徴です。ですから脱毛というよりも、毎回その部分のムダ毛の処理をするのに適した除毛器と言えるでしょう。

レーザー脱毛器のメリットデメリットとは

【メリット】

様々な機械が販売されていますが、それぞれにメリットがあればデメリットもあります。手軽に家庭で脱毛をすることができる家庭用脱毛器はとても人気ですが、それぞれのメリットとデメリットを理解しておく必要があるでしょう。レーザー脱毛のメリット、それは脱毛の威力が強いことにあります。

とても威力が強くクリニックや医療機関ではこの方法でほぼ脱毛が行われていてフラッシュでは脱毛を行っていません。なぜならフラッシュに比べるとかなり力が高くて、少ない回数でムダ毛の処理が終わらせられるという特徴があるからです。

そして家庭用ですので、クリニックにわざわざ予約をして通わなくてもデリケートゾーンも恥ずかしいと感じずに自己処理できるメリットもあります。クリニックと比べるとかなり力は落ちるかもしれませんが、自宅でレーザー脱毛を行えるというのはかなりメリットといえるでしょう。

【デメリット】

デメリットについては家庭用なので、クリニックと比較するとそれほど力がありません。効果が落ちるので、永久脱毛効果を狙うこともできないことが特徴です。家庭用の場合には照射範囲も狭いので、広い範囲を仕上げたいと思う場合にも照射回数が何度も増えてしまい脱毛のムラができるデメリットもあります。

一番のデメリットと言えるのは痛みです。
痛みがかなり強いのです。脱毛の力が強い分、回数が少なくても綺麗な仕上がりになりますが、それに伴う痛みがあります。

2回脱毛をすればすぐに効果が感じられる人もいますが、それまでには痛みをかなり感じていると言われているのです。肌が敏感な人、痛みに弱い人においては、痛くて場合によっては耐えることができないこともあるので注意が必要です。

フラッシュ脱毛の照射後やコスト状況など

スピーディーなフラッシュ脱毛でコストもかからない

フラッシュ脱毛は一度照射すればかなり広範囲の脱毛が可能ですので、時間もスピーディーで痛みも少ないことがメリットです。また、使えば使う事に肌のキメが整えられるメリットもありますので、美肌効果を期待することができます。デメリットについてはランニングコストがかかることです。カートリッジを交換しなければいけないので、ランニングコストがかかりますしそれが手間でしょう。

サーミコン脱毛方式などの特徴

サーミコン脱毛のメリットデメリットですが、メリットは高い機能を持つカミソリと思うとメリットは大きいですね。普通のカミソリよりも綺麗に処理をすることができます。しかしデメリットは、脱毛ではなく除毛であるという点です。ですからすぐにまた毛が生えてきてしまいますので、それがデメリットです。

このようにそれぞれ種類があり、特徴がありメリット、でメリットもありますので、よく理解をした上で選ぶと失敗なく選ぶことができるでしょう。自分の目的と求める仕上がりによって選ぶと失敗なく選ぶことができるでしょう。値段の問題もありますので、しっかりと選ぶようにしましょう。

脱毛クリームで永久脱毛や肌荒れなど毛は薄くなると聞いたのですが本当ですか

自宅でムダ毛処理を行う場合、脱毛・除毛クリームを使用しているという人も少なくないでしょう。

特に最近は性能もよくなり、利便性が高まっています。

しかし、それでも除毛クリームは、全身に使用できるわけではないという事を必ず理解しておいてください。

それでは、使用可能な部位と使用不可能な部位について紹介します。

除毛クリームは顔には使用できない

除毛クリームを使用する際は注意事項をよく読んで下さい

除毛クリームはどの商品であっても顔には使用しないで下さいという注意書きがパッケージに表記されています。
脱毛エステサロンへ行けば、顔脱毛は人気の部位ですし、顔は1番目につく部位でもあります。

特にヒゲが濃い男性にしてみれば、ヒゲこそ除毛クリームでなんとかしたいと思う人も多いでしょう。
確かにヒゲは体毛の中でも濃い部類に属しますが、ワキ毛が可能ならヒゲだって除毛できそうですよね。

なぜ顔に除毛クリームは使用する事ができないのでしょうか?

除毛クリームが顔に使用できない理由は、配合されている成分に関係しています。
除毛効果がある成分として、チオグリコール酸とアルカリ成分が配合されています。

チオグリコール酸という成分を初めて知ったという人も多いかもしれません。
ですが日常生活の中では、美容室でパーマ液などに使用されています。

そしてチオグリコールは国が徐行効果があると認めた有効成分でもあります。

チオグリコール酸は、除毛効果はありますが、肌にダメージを与えてしまう成分でもあります。

別の成分で、肌へのダメージを極力なくす方向で商品は作られていますが、それでもダメージをゼロにする事は現時点ではできていません。腕や足、ワキなどの使用可能な部位に関しては、表記されている時間内であれば、ダメージを最低限に抑え、除毛効果で得られるメリットの方が大きいと言えます。

顔は身体の中でも最も肌が敏感な部位です。

顔に除毛クリームを使用するとニキビ炎症や肌荒れの原因になる可能性があります

そのため、顔に使用すると、塗っている時間が5~10分と短時間であったとしても、炎症や肌荒れの原因となってしまいます。加えて、洗い流す際に、目や口に混入する恐れがあり、とてもリスクが高いと言えます。

なので、使用上の注意点をしっかりと守り、いくらヒゲが濃くてなんとかしたいと考えていても、顔には除毛クリームを絶対に使用しないようにして下さい。

また除毛クリームの商品の中には、チオグリコール酸が配合されていない商品も存在します。

しかしチオグリコール酸が配合されていない商品は、肌へのダメージはないかもしれませんが、除毛効果もほとんどありません。
つまり除毛効果がある除毛クリームを使用すれば、必ずチオグリコール酸が配合されているため、結果として顔には使用する事ができないと言えます。それにヒゲは他の部位と比べると毛が密集して生えています。

そのためしっかり全てのヒゲに対して除毛クリームがいきわたらず、部分的に毛が除毛されるだけで、すべすべの肌とはほと遠い仕上がりになる可能性の方が高いのです。仕上がりが悪く、肌もヒリヒリとしばらくトラブルが続くわけですから、使用しないが正解でしょう。

なので、どうしてもヒゲが濃くて気になるという人は、ヒゲだけ別の方法で処理する事を考える必要があります。

除毛クリームは顔以外は全身に使用できる?

除毛クリームが顔に使用できない理由は分かりました。

除毛クリームは顔以外なら全身に使用する事ができるのでしょうか?

除毛クリームの注意書きには、顔に使用しないで下さいとしか表記されていない商品もあります。
しかし一方で除毛クリームは腕、足、ワキの下以外の部位には使用できません。

とこのように表記されてる商品も少なくありません。

基本的に除毛したい部位の上位が腕と足とワキの下なので、それだけできれば支障がないという人もいるでしょう。

毛深い事で悩んでいる人にとっては、胸毛や尻毛、デリケートゾーンのムダ毛、あと意外と見られている指の毛はなんとかしたいと思う人も少なくないでしょう。

これらの部位のムダ毛に関しては、使用できないのでしょうか?

除毛クリームには個人差があるので適用な正しい利用を理解しておきましょう

まず皮膚は個人差が大きく、肌が刺激に強い人もいれば、肌が刺激に弱い人も存在します。

とくにデリケートゾーンに関していえば、デリケートという言葉がつくぐらいですから、刺激に対しても敏感なはずです。使用は安全か?と聞かれたら、使用する事で肌のトラブルを発生するリスクはあると言えるでしょう。

ですが、実際にデリケートゾーンに使用して特に問題はなく、除毛できたという人も存在します。

使用できるかできないかの判断の目安は、自分の肌が刺激に強いか弱いかにかかっていると言えるでしょう。

そしてそれは、除毛クリームを塗る前に使用したい部位にパッチテストを行いましょう。
パッチテストで特に皮膚にトラブルが発生しなければ、使用しても大丈夫だと考えられます。

使用可能な部位である、腕や足、ワキの下でも肌が敏感な人は、肌トラブルを発生する可能性があるため肌に異変を感じたら、即使用を中止するようにして下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ